【考察せよ】見逃したテセウスの船の無料動画を見る方法【Paravi独占】≫
【Paraviで決まり】ドラマ好きが登録するべき動画配信サービステセウスの船 未回収の伏線を解説!

【チェックポイントは7つ】Bluetoothワイヤレスイヤホンの選び方

【チェックポイントは7つ】Bluetoothワイヤレスイヤホンの選び方

日常で音楽を聞く時に欠かせないイヤホン。

Bluetoothブルートゥースで接続できるケーブルの無い完全フルワイヤレスイヤホンは快適そのもの。

しかし種類がたくさんありすぎてどれを選んだらいいのかわからない。

 

そこでこの記事では

ブルートゥースのワイヤレスイヤホンってどう選んだらいいの?

こんな悩みに応えます。

 

初めての完全フルワイヤレスイヤホンの選び方を紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

選ぶ前に知って欲しい・そもそもワイヤレスイヤホンとは?

ケーブルいらずでコードレス。

左右が独立して分離したBluetooth接続で使用することができるイヤホンのことです。

 

左右分離型やフルワイヤレス、 海外ではTWS(True Wireless Steleo)と呼ばれることもあるので覚えておきましょう。

ケーブルが無いっていうことがこんなにも快適だったなんて

と思うこと間違いなしです。

 

完全フルワイヤレスイヤホンの選び方と注意する以下のポイントは以下の通り。

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント7つ

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェクポイントは7つあります。

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント7つ
  1. 音質 ▶ 音質はコーデックで決まる
  2. バッテリー持ち ▶ バッテリー性能や連続再生時間
  3. 装着方法 ▶ フィット感はインナーイヤー型かカナル型で違う
  4. 防水性能 ▶ 防水性能は意外と必要
  5. 操作性 ▶ 操作はボタンかタッチか
  6. 自動接続 ▶ 接続(ペアリング)のしやすさは正義
  7.  デザイン ▶ 自分の好みに合わせて満足度アップ

ひとつずつ確認していきましょう。

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント①:音質 / 音質はコーデックで決まる

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント①:音質 ▶ 音質はコーデックで決まる

完全フルワイヤレスイヤホンを選ぶ際にはコーデックと呼ばれる規格に注目しましょう。

Bluetoothで音を転送する際の圧縮形式です。

これにより、音質が決まってくるので、お使いのスマートフォンの種類によって選ぶとよいでしょう。

現在主流のコーデックは「AACエーエーシー」と「aptXアプトエックス」があります。

早速なんだか訳が分からなくなってきていませんか?

大丈夫です。

分かりやすく説明していきます。

スマートフォンで使用する場合、

コーデックの種類
  • AACエーエーシーは主にiPhoneで使用
  • aptXアプトエックスは主にAndroidで使用

されていることだけ覚えておきましょう。

 

送信側の親機(スマホ側)と受信側の子機(イヤホン側)のそれぞれが同じコーデックに対応していないと最高のパフォーマンスを発揮できないので注意が必要です。

例えばiPhoneはaptXには対応していないのでaptXのイヤホンではパフォーマンスを発揮しきれないので、AAC対応のイヤホンを選んだ方がいいということになります。

 

iPhoneユーザーならAACエーエーシーに対応しているかどうかを選ぶポイントにするといいでしょう。

AndroidユーザーであればaptXアプトエックスに対応しているかどうかで選ぶとよいと思います。

 

中にはAACとaptXの両方に対応しているイヤホンもあるので

  • iPhoneでもAndroidでも使いたい!
  • せっかくならなるべくいいやつがいい!

なんていう方は両方に対応したモデルを選ぶと幸せになれるはずです。

好きな音楽を最高の音質で聴きたい場合はコーデックが重要になるということですね。

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント②バッテリー持ち / バッテリー性能や連続再生時間

連続再生時間も選ぶポイントになってきますね。

あまりにも連続再生時間が短いと音楽を楽しんでいる途中で止まってしまうので、注意が必要です。

 

有線イヤホンと違って一度バッテリーがなくなってしまうと充電しないと再度使うことができなくなってしまいます。

こうなってしまうと完全フルワイヤレスイヤホンはただのアクセサリーです。

ケースに入れて充電しましょう。

 

なので、

最低このくらいの時間連続再生してほしい!

という目安の時間があれば選ぶ際に気にしてみましょう。

ただ、最近では連続再生5時間や6時間はどの機種も当たり前になってきていますので、個人的にはあまり細かい比較をする必要のないポイントなのではないかな、と思ってしまいます。

 

実はイヤホン本体の連続再生時間よりも大切なのはケース込みの再生時間なのです。

完全フルワイヤレスイヤホンはケースに戻した時に自動的にチャージされる仕組みになっています。

そのため、ケース込みでトータルどのくらいの時間使用することができるのかということはケースを充電するペースを逆算できるのです。

 

たとえばケース込みで40時間使用できるイヤホンがあるとします。

通勤で1日2時間使用したとしても20日間使用できるという計算になりますね。

すると、余裕をみても2週間は充電をしなくても大丈夫。

 

わずらわしいケース自体の充電回数を減らすことができるというのが連続再生時間を気にする一番大きなポイントかも知れませんね。

実際スマホなどの他のデバイスよりはるかに少ない充電ペースでも快適に使用できています。

 

また充電するスピードも速いに越したことはないので、急速充電対応などもチェックしておくと使いたい時にバッテリーが少ない!という時にとても助かります。

機種によっては15分の充電で1時間の使用ができるものもありますので気にしてみるといいかもしれませんね。

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント③:装着方法 / フィット感はインナーイヤー型かカナル型で違う

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント③:装着方法 ▶ フィット感はインナーイヤー型かカナル型で違う

通勤や運動など、ある程度の時間を耳につけたままでいることが多い完全フルワイヤレスイヤホン。

装着感の違いの前に大きく分けてカナル型とインナーイヤー型という2種類のタイプがあるのを覚えておきましょう。

インナーイヤー型は安心して使用できる

インナーイヤー型は耳にひっかけるように装着するタイプです。

代表的な物だとAppleのAirPodsなどを思い浮かべてみるといいかもしれません。

 

耳の形によっては外れやすく音漏れが気になることがありますが、外の音を完全に遮断しない構造になっているので、開放的な広がりのある音を楽しむことができるでしょう。

周りの音を適度に感じることができるので安全性の面でも安心して使えます。

 

カナル型は密閉感が高い

カナル型は耳栓のように耳の中にすっぽり収まるようなタイプです。

密着して外れにくい構造上、高い遮音性と密閉感があるので、集中したいときなどはぐっと押し込むことで音に没入できちゃいます。

 

ほとんどの機種がサイズ別のシリコン製イヤーチップを同梱しているので自分の耳に合うサイズが無い!なんていうことは滅多に起こらないはず。

それでも合わないようであればコンプライなどのウレタン製のイヤーピースを付け替えて使用できるので自分好みのフィット感を求めるならカナル型を選ぶといいかもしれませんね。

 

この装着感はかなり好みが分かれます。

個人的には通勤や運動時など外で使うときは安全性も考えてインナーイヤー型、室内で作業するときなど音楽に没入したいときはカナル型を使用するようにしています。

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント④:防水性能 / 防水性能は意外と必要

多くの完全ワイヤレスイヤホンは防水性能によって内部への浸水を防ぎ、故障の原因にならないような設計になっています。

防水性能が必要なのか?と思われる方もいるかもしれませんが、これが意外にも役に立つことがあるのです。

 

シャワーやプールなど水回りでは使用しないからなどとスルーしないでください。

急な雨や運動時の汗など多少の水分に対しても防水設計があるのとないのでは安心感が違います。

 

防水性能は規格によって決まっていて一般的にIPX◯と表記されていることがほとんどです。

この数字は0~8まであり、数字が大きくなるほど防水性能も高くなります。

 

目安として運動時の汗や多少の雨程度を想定するのであれば日常防水であるIPX4〜6くらいのもので全く問題ないでしょう。

  • イヤホンつけたままシャワーを浴びたい
  • プールで泳ぐときもイヤホン外したくない
  • 清潔に保ちたいからどうしても丸洗いしたい

なんていう方は防水機能最高のIPX8あるいはIPX7を選ぶといいでしょう。

 

音質に関わることではないですが、安心して使用するために必要なポイントではないでしょうか。

個人的には運動時にはガッツリ使いたいけど丸洗いまではしなくてもいいのでIPX5あたりを目安に選ぶようにしています。

 

もちろん防水機能が高くてマイナスになることはないので欲しい機種がたまたま高い防水性能を備えているのであれば得した気分になりますね。

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント⑤:操作性 / 操作はボタンかタッチか

イヤホンを使用していると曲を再生、停止や曲送り、音量の調節などをしたいときがありますよね。

スマホが手元にあればスマホで操作すればいいのですが、カバンの中にしまってあったり、ポケットの中だったりするとき、イヤホン本体で操作できるのはとても便利です。

 

ここで、どのように操作するのかといったところがポイントになります。

主にイヤホン本体についている物理ボタンで操作するタイプとイヤホン本体のタッチセンサーで操作するタイプにわかれます。

 

ボタンタイプは物理ボタンを感覚的に押して反応させるので誤操作が少ないように感じます。

指先の感触って鋭いと思いませんか?

 

人間の体のなかで一番敏感なのが指先の感覚なのです。

耳につけたまま視界に入らない状態で操作をするイヤホンの性質上、この指先でボタンを押して操作をするということは強い安心感があります。

ただ、多少なりとも強さが必要になってくるので押された感が気になるような方にはオススメできないかもしれません。

 

対してタッチで操作をするタイプはイヤホン本体にタッチセンサーが搭載してあり、センサー部分をタッチすることで操作をします。

ボタンが無いということは物理的に動く箇所が無いので故障のリスクが少なくなることにつながります。

タッチでの操作もなかなかの感度で反応してくれるのでコツさえつかめればストレス無く使えるでしょう。

 

操作はボタンタイプもタッチセンサータイプも左右のイヤホンを押す回数や長押しで振り分けられているので基本的には困ることはないと思います。

再生、停止、曲送り、音声アシスタントの起動、通話などほとんどの機種がアクションは違えど同じように操作することができます。

 

ただ、操作面で一点だけ気になることがあるとすれば音量の調節がイヤホン本体だけではできない機種もあるので

どうしてもスマホを使わないでイヤホンだけで操作をしたい!

という方は操作性をしっかり確認して選んでください。

 

まあ、実際に使用していてイヤホン側で音量調節ができなくて困ったことは無いのでそれほど気にしなくてもいいんじゃないかな〜って思ってしまいます。

また、スマホだけでなくApple Watchでも調節できちゃいます。

これはめちゃくちゃ便利。

 

Apple Watchはまだまだ使ってる人少ないかもしれないけど、めちゃくちゃ有能なアイテムです。

一度つかったらiPhone並みに無くてはならない存在になること間違いないくらい超絶オススメです。

気になっている方は背中を押します。

きっと後悔しないでしょう。

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント⑥:自動接続 / 接続(ペアリング)のしやすさは正義

Bluetoothでスマホと接続するワイヤレスイヤホンはペアリングと呼ばれる同期をすることでスマホの音をイヤホンで聴くことができます。

最初のペアリングのしやすさや2度目以降に使用するときの接続方法は機種によって違いがあります。

 

なるべくペアリングしやすい機種を選ぶことでスムーズに使い始められます。

一度ペアリングしてしまえば二度目からはケースから取り出すだけで自動的に接続してくれる「自動ペアリング機能」を搭載した機種を選ぶと使いたい時にすぐ使えるので幸せになれます。

 

さらに耳から取り出してケースにしまうと再生したままでも自動的に再生停止してくれるので、是非とも「自動ペアリング機能」があるかないかはチェックするといいでしょう。

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント⑦:デザイン / 自分の好みに合わせて満足度アップ

見た目ももちろん重要なポイントになってきます。

自分好みのイヤホンを使用することで高い満足感を得ることができます。

 

シンプルなもの、カラーリングにこだわったもの、できる限り小さいもの。

などあなたのこだわりポイントはどこですか?

 

参考までにいくつか紹介します。

AirPodsシリーズ

AirPods

AirPods Pro

ワイヤレスイヤホンといえば真っ先にAirPodsを思い浮かべる方も多いでしょう。

時代を変えたと言ってもいいくらいの衝撃を与えたイヤホンです

スティックタイプと呼ばれるこの形は好みが分かれるところではありますが、Apple純正の強みでもあるiPhoneとのスムーズな連携は使っていて気持ちよくなること間違い無しです。

 

インナーイヤー型のAirPodsでは耳の形が合わなくて敬遠していた方もいましたが、カナル型のAirPods Proの登場でまさに抜け目がなくなってきていますね。

さらにAirPods Proはノイズキャンセリング機能付きで口コミや評判もかなり良いときています。

 

iPhoneを使用していて、なおかつコストが許すのであれば間違いなく一番におすすめします。

というかAirPodsを選んでおけば間違いないです。コストが許せば。

 

コスパのいいスティックタイプのイヤホンは以下の二つをご覧ください。

≫ Anker Soundcore Liberty Air

≫ TaoTronicsタオトロニクス SoundLiberty 53

こちらの二つはスティックタイプでなおかつコスパに優れています。

両方ともまさに黒いAirPodsといったようなデザインですね。

 

Anker Soundcore Liberty Airはモバイルバッテリーなどで有名なAnker社製ですので故障など何かあったときの対応も安心できるのではないでしょうか。

またTaoTronicsタオトロニクス SoundLiberty 53はなんと5000円以下で手に入るワイヤレスイヤホンとしては十分すぎる性能を持ち合わせています。

 

初めてのワイヤレスイヤホンや試しに使ってみたいなんていう時にはぴったりではないでしょうか。

≫ Mpow M5T5進化版)

シビアで厳しい評価が多い2ちゃんねる(5ちゃんねる)でコスパ最高だと話題沸騰中なのがこちらのMpow M5(T5進化版)です。

2ちゃんねる(5ちゃんねる)ではこの価格帯でこの性能を備えていることに発売前から話題が持ち切りでしたが、発売後も高い評価をされ続けています。

それだけ満足度が高いことの証でしょう。

 

イヤホン自体もかなりコンパクトで装着していてもあまり目立たないのが良い所ですね。

また、普段収納しておくケースもレザー調になっていてオシャレなアイテムに仕上がっているのも見逃せないポイント。

他とは一味違うデザインになっていますね。

≫ Bose SoundSport Free wireless headphones

言わずと知れたBOSEのイヤホン。

シンプルなデザインとロゴがカッコいいですね。

 

音質に関しては、もう言わずもがな、さすがBOSEという音です。

ただ、初期不良なのか、途切れが気になるといったコメントをやや見かけるのが少々残念なところ。

デザイン賞受賞歴
  1. ビジュアルグランプリ2018 SUMMER ライフスタイル分科会 受賞
  2. ビジュアルグランプリ2019 ライフスタイル分科会 受賞
  3. 家電批評オブ・ザ・イヤー2018 初代グランプリ
  4. ビジュアルグランプリ2019 SUMMER ライフスタイル分科会 受賞

などの様々な賞を受賞しているだけあり、気持ちよく使用できるのは間違いないでしょう。

ワイヤレスイヤホンの選び方と注意するチェックポイントまとめ

ワイヤレスイヤホンの選び方と注意するチェックポイントまとめ

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶチェックポイント7つ まとめ
  1. 音質 ▶ 音質はコーデックで決まる
  2. バッテリー持ち ▶ バッテリー性能や連続再生時間
  3. 装着方法 ▶ フィット感はインナーイヤー型かカナル型で違う
  4. 防水性能 ▶ 防水性能は意外と必要
  5. 操作性 ▶ 操作はボタンかタッチか
  6. 自動接続 ▶ 接続(ペアリング)のしやすさは正義
  7.  デザイン ▶ 自分の好みに合わせて満足度アップ

長々と書きましたが最近の完全フルワイヤレスイヤホンはどれを選んでも基本的には大丈夫だと思います。

 

選ぶときに困ったら

iPhoneならAACエーエーシーって書いてあるやつ。
AndroidならaptXアプトエックスって書いてあるやつ。

をポチッとすれば幸せになれます。

 

ようこそ完全フルワイヤレスイヤホンの世界へ。

コスパのいいワイヤレスイヤホンはこちらを参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました